【旅人の戦国布武攻略ブログ】

携帯ゲームアプリ【戦国布武】の魅力を伝え、歴史を交えながら面白い視点で攻略していきます。youtubeチャンネルもご覧ください。https://www.youtube.com/channel/UCe3jDGpjq7v-_lAkxcGWeDw/秘境紹介ブログhttps://levensky-japan.com/もやっています。

【戦国布武攻略ブログ】傀儡将棋 武将編(おまけ)

 


f:id:hikyo_no_tabi:20200322184848j:image
傀儡将棋 武将選定編(おまけ)

戦い方の方針は前回記述しました。

それではどんな武将を用いて、編成すべきなのかという側面をあくまでおまけで記述します。

 

例えば、大谷吉継(相手後列に重症を付与)等を使用する相手に蒲生氏郷(自分の後列に回復と安撫効果)は大変効果的です。しかしながら、後列にデバフをしない相手には正直力を発揮しきるとは言えません。

結局は通常の戦局と同じように、相手との編成の兼ね合いが大事なのは大前提です。

そんな中で安定して力を発揮できる特徴のある武将を参考でピックアップします。

 

・特異武将などの高火力武将

序盤~中盤は特に高火力の特異武将がかなり効きます。

例としては前田まつ(全体計略&回避)、徳川家康(前列計略)豊臣秀吉(後列物理)、上杉謙信(後列物理or全体物理)、武田信玄(後列計略&回避)

他にも兼続(ランダム4体&回避)や浅井姉妹の連携も強いです。

 

特に前半は全体攻撃やランダム攻撃が優位性を発揮します。(6体揃っていない相手にも効率的に攻撃出来るためです。)

特に前田まつや兼続などは回避持ちなため、前列に配置でき非常に心強いです。

少納言で使用頻度の高い真田幸村や猿飛佐助あたりも優先して抜擢していきたい所です。

 

・回復武将

将棋の傾向として強力な毒腺武将武将が少ないです。そのため、回復武将は非常に効果的で1体は編成に入れておきたいです。

といっても、回復武将の数は多くなく、前田まつや姫若子あたりが有力なところでしょうか。

あくまで火力で押し切れるようであれば回復なしでも勝つことはできますが、頭の片隅に置いておいてもよいかもしれません。

 

・スキル【見破り】武将

さて登用がうまくいき、強力な特異武将で押し切れればそれはそれで良いわけなのですが、当然相手も同じように強力な武将を配置してくるわけです。

後半に強力スキルを放つ武将が多くなってきた際には、【見破り】武将を意識して優先していくと優位に立ち回りが出来ます。

 

やはり通常局と同じで前列は回避持ちが基本、回復も1体は入れながら効率よく高火力を打てる武将で固められると非常に強いです。是非色々と験してみてください。

 

youtubeチャンネル宜しくお願いします。⇩

www.youtube.com

 


 

hikyo-no-tabi.hatenablog.jphikyo-no-tabi.hatenablog.jp