【旅人の戦国布武攻略ブログ】

携帯ゲームアプリ【戦国布武】の魅力を伝え、歴史を交えながら面白い視点で攻略していきます。youtubeチャンネルもご覧ください。https://www.youtube.com/channel/UCe3jDGpjq7v-_lAkxcGWeDw/秘境紹介ブログhttps://levensky-japan.com/もやっています。

【戦国布武攻略ブログ】オススメ緑武将!総集編!

オススメ緑武将!総集編!

再三、序盤は緑武将の育成についてオススメしてきましたが(こちらこちら、今回は特に優先的に育成すべき緑武将を特集します。

※緑武将は後半でも副将としても使用できるため、結局はほとんど育成することにはなりますが、特に序盤育てたい武将を紹介します。

 

※登用はー東・幾ーをオススメ

以前、橙武将についても序盤の登用は東・幾をオススメしていましたが、緑武将も同様です。序盤に優先的に育成したい武将を掲載していきます。

 

ー東・幾ー

豊臣秀頼

 

f:id:hikyo_no_tabi:20200404133030j:plain

まず間違いなく全員が育成すべきというのではないでしょうか。最優先に登用し育成したい武将です。

まず、スキルの全体計略攻撃がかなり強力です。デバフを考慮しても序盤のエースとなりえます。物理攻撃が下がるデバフをもっていますが、計略編成次第ではそこまでデメリットになりえないため、うまく生かしていきたいところです。

 

京極高次

 

f:id:hikyo_no_tabi:20200404133048j:plain

序盤の官職では回避持ち武将が少ないため、前列には防御力の高い武将を置きたいところですが、その有力選択肢となりえます。

攻撃のスキルというよりは前列に付与する固守(2ターン)が貴重で、序盤から盾としても活躍をしてくれます。

 

徳川秀忠

 

f:id:hikyo_no_tabi:20200404133059j:plain

序盤官職では貴重な回復スキル武将です。基本的には後列に配置し、前列のサポートの役目ですが、2ターン(天賦でゲージ+1)でスキルを回すため序盤は比較的重宝します。

 

朝比奈泰能&鵜殿長照(今川家)

f:id:hikyo_no_tabi:20200404133137j:plain
f:id:hikyo_no_tabi:20200404133158j:plain


 

これはよく言われるコンビで2武将で1セットですが、連携スキルにより貴重く回避+15%を発動します。どちらも前列で配置可能となり攻撃性能もそれなりであることから、非常に使い勝手がよいです。

 

 

ー奥・関・甲ー

前田利常

 

f:id:hikyo_no_tabi:20200404133211j:plain

是非前述の豊臣秀頼と組ませたいところ。こちらも豊臣秀頼同様高火力の計略武将であり、なんといってもターン1でスキルを打てるのが魅力です。(しかも天賦でゲージ+1)

前列は防御を固める武将が多く、前列に計略攻撃というのはかなり強力なため、上記の緑武将の目途が立ったらすぐ確保したい武将です。

 

大道寺政繁

 

f:id:hikyo_no_tabi:20200404133219j:plain

こちらは味方後列に回復&安撫の武将です。前列回復の秀忠と比較すると優先順位は落ちますがそれでも優秀です。序盤官職はさほど大谷吉継は脅威とならないものの、その対策としても編成出来ます。

 

真田信幸

 

f:id:hikyo_no_tabi:20200404133227j:plain

真田丸で大泉洋さん演じた武将ですね。真田幸村兄。結局戦国武将の中で江戸時代の初期を長く生きたある意味すごい武将です。正直紫武将でもよいのではないかと思ったりしますが、スキルで貴重な激励を持っています。激励持ち武将は後半官職でも非常に重宝しますし、信幸の場合は2ターン付与します。

強烈なアタッカー武将と組み合わせたいところです。

 

 

他にも個人的には陶晴賢細川幽斎(中・九)といった武将も好きですがまずは上記の武将が優先でしょうか。

結局ほとんどの緑武将は☆5まで育てることになるため、是非序盤に育てておきたいところです。橙武将でも☆1程度であれば、緑武将☆5の方が全然強いです。 

足軽大将・侍大将あたりでは緑が中心となって活躍してくれるので、

あれ自分レア度高いのに負けると思った方はぜひ、ご参考にしてみて下さい。

逆にこの武将も使えるよといったご意見あればお気軽にお伝えください。

 

 

現在、サブ垢をはじめましたので

そちらでも情報共有していきながら、強さを証明できたらと思います。

ここまで読んでいただき有難うございました。

一緒に強くなっていきましょう。

 

 

 youtubeチャンネルもおねがいします!

 

 

www.hikyo-no-tabi.com

www.hikyo-no-tabi.com

www.hikyo-no-tabi.com